真田丸

最近ネットで「真田丸はなぜ面白いか」というような
記事を見かけることが増えた。
この数年低迷を続けた大河ドラマだが
「真田丸」はここまでまあまあな視聴率を保っている。

私も「龍馬伝」以来8年ぶりに
大河ドラマを毎週欠かさず観ている。
脚本が三谷さん云々という話はひとまず置いて
どうして「真田丸」は面白いかを考えてみた。

伊藤計劃さんの「映画時評集」の中に
こういう一文がある。

「実は映画がもっとも苦手とするのがこいつ
(心理)だったりする。(映画は)こと心理を
描く段になると哀れなまでの無力ぶりをさらけ出す。
このことをわかっている人は意外と少ない」

確かに、目に見えないもの(心理)は映しようがない。
それでは映画やTVなどの映像が得意とするものは
何かといえば行動、アクションということになる。
苦手な心理を伝えるためには、セリフに頼るしかない
のだけれど、下手をすれば、それは単なる説明になったり
ひどくステレオタイプで冗長になったりする。

「真田丸」では、無駄な心理描写が極力排除されている。
これも伊藤さんの表現を借りると
登場人物は、状況を次々に「判断」し行動しなければならない
というシチュエーションが多い。
のんびり迷ったり、悩んだり、嘆いたり、悲しんだりする
ヒマがないくらい展開が早い。
観てるほうも「えっ、どうなるの?」「どうするの?」と
時代劇ながら、結構ハラハラドキドキできる。
ドラマのテンポがいい。だから面白いのだ。

もう一つは、これまで嫌というくらい
映画になり、ドラマになって、既成のイメージが
定着しまくってる歴史上の人物の「斜め上」を
描こうという野望も見え隠れするが
なにしろNHKだし、大河だし、やり過ぎには注意というところ。

ともあれこの数年、最初の3回くらいを観て
「ああ、もう親子のなんとかとかダルいよぉ~」と挫折していた私が
ここまで投げ出さずに観れているというのは
「真田丸」は、久々に相性がよかったということなのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
502位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア