OUT

桐野夏生原作の「OUT」
ドラマにもなったし、映画化もされた。

深夜の弁当工場でパートをしている四人の主婦。
香取雅子は、息子の問題を抱え、夫との関係も
うまくいっていない。ヨシエは、夫と死別し、姑の
介護と高校生の娘を抱え、経済的に困窮している。
そんな折、同僚の弥生が、ギャンブル依存症でDV
の夫を絞殺し、その死体の処理を雅子が引き受けた
ことで、彼女たちは引き返すことができない犯罪の
泥沼に引きずり込まれていく。

誰もが不本意な人生を生きなければならず、しかも
どれだけ我慢をしても、安心して生活できるだけの
経済的な見返りは得られない。二十年近く昔に書かれた
小説だが、教育の荒廃、親の介護、ギャンブル依存症
職場のパワハラ、外国人労働者問題、そして闇カジノ。
現在進行形で、日本の社会が抱えているあらゆる問題が
凝縮されている。

それが、興味本位の猟奇趣味を売り物にする小説とは
明確に一線を画する、論理性と凄みを与えていると思う。
奥田英朗さんの作品とも共通点が多いが、女性の視点
で書かれているだけに、より共感できるところが多い。

完全犯罪を目指した計画は、思わぬところから破綻し
バラバラ事件の真相を、知られてはいけない相手に
知られたことから、雅子たちは、死体処理ビジネスを
請け負う羽目に。

極めて聡明で冷静な雅子がなぜ、と読んでいて疑問に
感じる人もいるだろうが、たとえどんな無謀で危険な
手段に訴えても、今いる閉塞的な世界から抜け出したい
と願い、抜け出してみせると決意し、そして実行した雅子
の気持ちは、十分に理解できる。実際ある時期「OUT」は
私のバイブルだったこともある。もちろん現実には、こん
なことはするべきじゃないが、こういう気持ちでなければ
立ち向かえないことのほうが多すぎるのだ。

後半は、いくぶんエンターテイメントになりすぎて
前半の、ガチガチの緊張感がゆるんでしまったのは残念。

そして、彼女たちの気持ちがまったく分からない
こんな陰惨で絶望的な小説を書く意味が分からないという人は
今の社会の中で、ある程度恵まれた幸せな人生を
生きてきた人なんじゃないかなと
決して皮肉ではなく思えます。映画は未見。

ドラマは、雅子を演じた田中美佐子さん、ヨシエを演じた
渡辺えりさんがはまり役、柄本明さんの怪演が楽しめ
TVの限界はあったものの、かなり面白かったです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
706位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア