ノロイ

今「貞子VS伽椰子」が封切られている
白石晃士監督の、2005年の映画。

ケーブルTVのトーク番組で「すごく怖いホラー」として
名前が上がっていて「観たいなぁ」と思っていたけど
近所のDVD屋さんにはなく、天神のツタヤでやっと
レンタルでき、初めて郵送返却というのを利用した。

映画は、行方不明になった、怪奇実話系の映像作家
小林雅文(村木仁)が制作していた「ノロイ」という
ドキュメンタリーという、フェイクドキュメンタリーの形
になっている。平たく言えば、観客に対して
「これはすべて事実ですよ」と主張している映画なのだ。
最近はすっかりメジャーになった、手持ちカメラを使って
撮影するなど、映像面でもリアル感が強調されている。

ある主婦からの、奇妙な隣人の通報を受けて、取材に
行った小林は、その気味の悪い隣家の女と話すが
彼女はすぐに転居。通報した主婦は事故死。
謎の女を追跡しつづけた小林は、ダムの底に沈んだ
下鹿毛村で祀られていた「禍具魂(かぐたば)」という鬼
の存在にたどりつく。

怪異の正体は、草深い山村に、たぶん大昔から棲む
鬼というか悪霊で、その実体は、ムンクの「叫び」みたいな
気味の悪いお面でと、ストーリーだけ追うと、思ったほど
怖くないということになるかもしれない。

けれど、かぐたばの正体を暴こうとする人たちが、例外なく
命を落とすという展開には、違う怖さがある。
人は、パワースポットなどと言って、人間にご利益をもたらす
ような非現実な存在の正体については深追いしない。
カミサマの動画を撮影しようとシャカリキになったりはしない。

それなのに、幽霊とか悪霊とか、邪悪なもの、禍々しいものと
なると、まさに怖いものみたさで、とたんにパパラッチのように
追っかけまわす。心霊バラエティなどといって、本来闇に棲む
者をさらし者にしようとする。ハイテクな技術で、立ち入るべき
じゃない領域に、ずかずか踏み込んでいく。それがよくないん
じゃないかと思ってしまう。だから呪われる。

かぐたばは、ダムができて住処を追われ、都会の片隅でひっそり
暮らそうと思っていたのかもしれない。
謎の女石井潤子に乗り移っていたと思われたかぐたばだが
実は・・・と、最後にドンデンもある。
もちろん貞子サンのように、自ら仕掛けて、ガンガン露出して
大スターになるような幽霊もないわけではないだろうが、多くは
写真がせいぜいで、動画になんか絶対撮られたくないという
シャイなタイプのほうが多いと思われるので、私としては
そっとしておいてあげたいと心から思います。

<教訓 >触らぬ神(幽霊、悪霊、鬼、その他諸々)に祟りなし 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまします。

ご訪問及びリンクの方ありがとうございました。
冒頭の「貞子VS伽倻子」を友人が観に行って感想として
「すごく怖い」とは欠片も出てきませんでした。
ある意味予定調和で「エイリアンVSプレデター」と思ってもらったら
わかってもらえるよ。と言ってました(笑)
これからもよろしくお願い致します。

ありがとうございます!

軍曹亭様 コメントありがとうございました!

人間がアナログ(年寄りともいいますが 笑)
なもので、どうしても昔の怪奇とか恐怖映画
のほうが相性が良いようです。
「貞子VS伽倻子」も、最初は冗談かと思って
いました。まさか本当に映画化されるとは。

リンクを快諾していただき、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします!

セルフドキュメント

こんにちは。
カリメン2号です。

ホラー映画の手法としては、近年のテレビ特番のような手法で撮影された作品ですね。
運が良ければ、本物が写るのではという考えが、見え隠れするところが気になりますね。
この手法は、恐らくですが1999年に公開された『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(The Blair Witch Project)の流れを組んだ作品で、近年では『パラノーマル・アクティビティ』が有名ですね。
通常の映画製作に比べ、非常に製作費が少ないのが特徴ですね。

次はどういう手でくるのかな

カメリン2号さん
コメントありがとうございます!

本当らしく見えるという意味では
「ブレア・ウィッチ」なんかのほうが
それっぽかったように思います。

「ノロイ」はストーリー性を持たせたので
ドキュメント仕立てでしたけど
リアルさという点では弱かった気がします。
でも私はあの「いかにも」な、うさん臭さが好きでした。
TVっぽいというか(笑)

このタイプも、その後類似品が山ほどできて
新味はなくなりましたよね。
次はどんなのが出てくるか楽しみではあります。
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
224位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア