怒り(上、下)

9月に映画が公開される「怒り」
著者は「パレード」「さよなら渓谷」「悪人」などの
吉田修一さん。

真夏の東京八王子の新興住宅で
夫婦が惨殺されるという事件が起きる。
現場には被害者の血で書かれた「怒」の文字が。
しかし犯人の山神一也という男は
事件から一年が経った現在でも行方がわかっていない
というところから、話が始まる。

そして千葉の漁協で働く洋平とその娘愛子の前に
あるいは東京のゲイの会社員優馬の前に
また沖縄の女子高生泉の周辺に
素性の知れない若い男が現れる。
手配中の山神に似ている三人の若者。

若者は時が経つにつれて、次第に
それぞれにとって大切な存在になっていくが
同時に、彼らの秘められた過去が疑惑を深めていく。
「彼は本当に残虐な殺人事件の犯人なのか」

登場人物は、誰もが、様々な悩みを抱えており
家族や友人との関係にもどこかひずみがある。
吉田さんは、こういう欝々とした感情や
気持の揺らぎを描くのがすごくうまい。
吉田さんの小説を読むと、この世界には
善人とか、幸せな人間なんていないんじゃないかと
思えてしまう。

人間関係も、自分の思考も、感情も
すべてがあいまいで、不安定だから
他者を心から愛したり信じることが難しい。
ほんの少しの衝撃で、愛情も信頼も崩れ去ってしまう。

誰が本当の山神なのかという、ミステリー要素で
ラストまで一気に読めてしまえたが
犯人が分かっても、殺人事件の真相も
「怒」という血文字の意味も結局は闇の中という
これまた読み手にストレスを与えそうな結末だ。

かろうじて未来に光が見えたのは、愛子と田代だけだが
私は優馬と直人のエピソードが一番好きでした。
素直に泣けました。映画も観るつもりですが
何しろこの結末なだけに
あまりヘンテコな、余分なオチをくっつけないで
ほしいなあと、心から願っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

押しかけてすみません

ここまで押しかけました^^
読売新聞の連載で読んでました
受け身で、控えめで、自己の存在を主張しない
ゲイの青年が、公園で亡くなっていた

公園にたたずむ青年の嘆きと後悔
少し泣きました
(どちらの名前も覚えていませんが)

真相がわからないままの結末と
寒村の風習と事件の関係も明確でなく

ヒトって 心象をすべて 暴く、あらわにすること
事態が無理なんだという
そんな感想でした


大歓迎です!

があこさん、コメントありがとうございます!
大歓迎ですよぉ~。

吉田修一さん、割と好きなんです。
があこさんも書かれてるように
人の心の問題に
わかりやすい結論を出さないところが
私の性に合ってるんだと思います。

そして、私が一番好きなのも
あの公園のシーン。
映画では妻夫木クンが演じます。
期待と不安が半々(笑)
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
502位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア