他人の顔

「他人の顔」 (1966年 S41) 東宝

  原作・脚本  安部公房
  監督      勅使河原宏
  出演      仲代達矢 京マチ子 平幹二郎

このころ映画は、よほど時間が長い大作映画でない限り
ほとんどが二本立だった。
だからこの「他人の顔」もなにかと一緒に観たのかもしれな
いがもう一本のほうはまったく覚えていない。
「他人の顔」を観たのは11才、小学校の5年生である。断片的に
記憶に残っている映像だけでも、今ならR15指定になりそうな
気がするが、私の親はそういうことを気にする人ではなかった。

 確かに性的な場面は何ヶ所かあったが、それは例えばアクション
映画に出てくるようなそれとはまるで違った。
 
 顔に大やけどを負った男が、仮面をつけて別人に成りすまし、
自分の妻と関係を持つ。男はそのことで、妻に嫉妬するが、妻は
仮面の男が、自分の夫だと見抜いていた。仮面をつけることで他
人の生を生きようとした男は、心を病み崩壊していく。

普通の恋人同士とか、水商売の女性とお客さんとかといった
リアルで、あっけらかんとした性ではない、何か抜き差しならない
ひたすら暗く重く屈折した性。

 「赤ひげ」で男を憎み、殺すために、男に言い寄る狂女や
「羅生門」で、自分を陵辱した盗賊に、自分の夫を殺せと迫る
妻や、この「他人の顔」の夫婦のエピソードは、興味本位で
面白半分に語ることのできない性の世界、その得体の知れ
なさを、私の未完成な脳みそにしみこませた。
 
 父は映画についてあれこれ解説したりすることはなく
私がどう感じたかを聞かれるようなこともなかった。
 映画館では映画が終わるまで、分かろうが分かるま
いが、とにかく集中して観るほかはない。

 完全に理解することは難しいような話でも、脳はあん
がい背伸びができるものなのだ。そして子どもの頃
取り込んだ不完全な情報を、その後仕入れた新しい
情報で上書きしていく。人間にとっての性は本能
だけのものではないということを、私は「他人の顔」
で漠然とではあるが知ったような気がするのだ。

井川比佐志
15807円
powered by yasuikamo


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
406位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア