ハゲタカ(ドラマ)

真山仁の原作を、NHKがドラマ化して映画にもなった。
映画版は観たが、原作は未見。

出演は 大森南朋 柴田恭兵 栗山千明 松田龍平 etc.

元銀行員の鷲津政彦(大森南朋)は、銀行を退職後渡米。
アメリカの投資ファンドで働き、ファンドマネージャーとなって
帰国。バブル崩壊後の日本で、非情な企業買収に乗り出す。

私のような庶民というか低所得層(貧乏人とも言う)には
縁のない経済の世界のあれこれが、ざっくり分かって
とても面白かった。そして何よりもこのドラマで一番惹き
つけられたのが田中泯という俳優さん。

経営難に陥った総合電機メーカー大空電機の技術者で
特殊なレンズを磨くプロフェッショナル。大空電機の老いた
創業者大木を演じた菅原文太さんも、渋くて素敵でしたが
田中泯さんの迫力というかオーラは、とにかく凄かった。
なんかこう鳥肌の立つ感じだった。

田中泯さんは、もともとはダンサーなのだが、舞踊家とか
俳優とかのジャンルに縛られず、自らの肉体を駆使して
なにものかを生み出す行為の一環としてダンスも演技も
あるという自由な思想が、あの独特の存在感の所以かな
とも思う。

その後「田中泯」という名前を見かけると、ドラマも映画も
観るようになった。ドラマでは「竜馬伝」映画では「メゾン・
ド・ヒミコ」「外事警察その男に騙されるな」など。最近では
NHK朝ドラの「まれ」にも出演されていた。やはり一度観た
ら忘れられないくらいインパクトがあった。

個人的に一番好きなのは「メゾン・ド・ヒミコ」なのですが
これがまたしてもゲイの世界の話で、あまりBL好きと思われる
のもアレなので(嫌いではないですが)今回は田中泯さんと
の出会いになった「ハゲタカ」を。

でもここだけの話、田中泯さんってスーツ似合わない。
やはり画一化されたファッションの象徴であるスーツで
包み込むのには無理がある、肉体と精神の持ち主なの
かもしれません。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア