戦慄の絆

少し前に録画した「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を
大変な苦労をして観たせいでどっと疲れて
しばらく放置していた「戦慄の絆」(1988)

監督 デヴィッド・クローネンバーグ
出演 ジェレミー・アイアンズ(一人二役) 
    ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド

クローネンバーグ監督の「ザ・フライ」は割と好きだったけど
その後に観た「裸のランチ」が全く歯が立たなかったので
長らく敬遠していた監督さんの一人。

一卵性双生児のエリオットとビバリーは、女性の不妊症治療
を専門とする医師。社交的で野心家の兄のエリオット。内気で
研究者肌のビバリー。一見対照的に見える二人だが
特殊な子宮の持ち主で、妊娠を望む女優のクレアが、彼らの
患者になり、二人と関係を持ったことで、大きな悲劇が訪れる。

何やら怪しげな解剖図のようなものが出てくるオープニング・
クレジットの段階から、すでに重苦しく不穏な空気が漂う。
その不穏さは、話が進むにつれてどんどん深まっていく。

だまされて兄弟と関係を持ったことを知ったクレアは激怒し
ビバリーは自分が彼女を愛していることに気づく。
弟と一心同体だと思っていた兄。自立を望みながらも、兄と
クレアの間で揺れ動く弟。
それぞれの人生を生きるべきと頭では理解しながらも、執着
を深め、薬物に惑溺していく二人。

そして極め付けが、奇妙な形の手術道具と、真っ赤な手術着に
深紅の手術台。ここまできたら、もはやこれは現実なのか異空間
なのかさえ区別がつかなくなってくる。
最後のとどめが、二人して薬物に溺れ、パンツにジャケットという
同じスタイルで部屋を横切るシーン。そこまではかろうじて
兄弟の区別がついた二人が、完全に一体化した衝撃。

どうしようもなくおぞましいけれども、何ともいえず美しい。
映像が非日常な美しさにあふれていて、音楽もいい。
ずっと弟を守りつつも支配しているように見えたエリオットが
幼い子どものようにだだをこね、二人でケーキを食べる。
「誕生日おめでとう。兄さん」ビバリーが優しく微笑む。

いやあ、切なかったです。そして、ラストシーンは
まるで宗教画のようでした。
二人を演じ分けたアイアンズ様も素晴らしかったです。
じゅっぱひとからげにホラーと呼ばれる映画の中でも
一番好きなあたりですが、めったに出会えません。
「鬱な映画」だと間違いなく上位に入る代物ですが
私には、思いもよらない掘り出し物でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
406位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア