岸辺の旅

今年観た邦画の中で
一番強く印象に残ったのが「岸辺の旅」
湯本香樹実の同名小説の映画化で、原作は未見。

監督 黒沢清
出演 深津絵里 浅野忠信 他

三年間失踪していた夫の優介(浅野忠信)が、突然瑞希(深津絵里)
の暮らす家に戻ってくる。そして瑞希に、自分は三年前に死んだと告げ
死後に旅した美しい場所を瑞希にも見せたいと、旅に誘う。

優介が働いていたという新聞販売店
夫婦が営む、餃子がおいしい中華料理屋
そして黄泉平坂(霊界)への入り口があるという山奥の村

瑞希は、明らかに死者である優介と、当たり前のようにバスや
汽車に乗って旅をし、行く先々で出会った人たちと話し
時には旅先で働いたりもするのだが、彼らの中にもまた
死者が混じっている。

何事も理詰めでなければ納得できない人が観たら
多分すべてが理屈にあってなくて、おかしいと思うような映画。
最初のエピソードの、新聞販売店の店主も
中華料理屋の奥さんの妹も、実はずっと前に死んでいる。

一見それぞれが、現世に思いを残して死んだから
幽霊的なものになって、姿を現したようにも見えるが
これは、そういうありきたりな話ではない。
話が進むうちに、次第に瑞希と優介が旅する場所自体
が今はもう存在しないんじゃないかと思えてくる。
けれども、登場するすべての人間が死者というわけでもない。

何かの自然災害で、あとかたもなく消えてしまった町
どんどん人がいなくなって、廃村になった村
そんな場所に、生者と死者が分け隔てなく暮らす風景を
この映画は再現して見せたのではないか。

「回路」の時は、まだ死者と生者の世界には境界があって
回路がつながったことで、忌むべき存在としての死者たちが
こちらの世界を侵食していった。
けれど「岸辺の旅」では、そうした全ての境界がなくなった。
その最も象徴的な場面が、瑞希が優介とセックスするシーン。
これが現実なのか、幻想なのか問うことに意味はない。
受け入れられる人は受け入れられる、そういうものなのだから。

「何もないということは決して無意味ではない。無こそすべての基本
なんだよ」「宇宙はこれで終わるんじゃない。ここから始まるんです」
これは、彼を「優介先生」と慕う村人たちを前に、優介が語った言葉。

小説家にしろ、映画やドラマを作る人たちにしろ、3.11の震災と
津波と原発事故による、ものすごい数の人々の死は、想像を超える
衝撃だったのだと思う。私たちは、今生きていることと同様に、必ず
訪れる死というものに、真剣に向き合わなければならない。改めて
そういうふうに感じた人は、おそらくたくさんいるのではないか。
そこで、既成の宗教とか慣習の縛りをはずれて、死と真っ向から
向き合う。これまでにあった生と死の境界を取り払ったところに
見えてくる風景を描く。これはそういう、かなりすごい映画なんじゃ
ないかと私は感じたのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
406位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア