洋画オールタイムマイベスト

年末で、何かとあわただしい今日この頃
さすがに、一回分のブログを書く時間がなさそうなので
ここいらで「洋画オールタイムマイベスト」をチョイスしてみた。

1 地獄の黙示録(1979)
2 ブレードランナー(1982)
3 エクソシスト(1973)
4 王女メディア(1970)
5 愛の嵐(1973)
6 第九地区(2009)
7 ファイト・クラブ(1999)
8 ルードヴィヒ 神々の黄昏(1972)
9 イミテーション・ゲーム(2014)
10 エンゼルハート(1987)

マイベストに入れてもいい映画は他に
「真夜中のカーボーイ」(1969)
「サイコ」(1960)「シザー・ハンズ」(1970)
「ブルー・ベルベット」(1986)「戦慄の絆」
(1988)など。ベタですが。

「地獄の黙示録」だけは、ぶっちぎりの1位。
私にとっては「これぞ映画、THE映画」という
感じです。
1位から5位までは、おそらくこれからも不動。
6位以下は、圏外も含めてほぼ同率。

「これっ!」と思う許容範囲がかなり狭いので
ど真ん中という映画にはなかなか出会えない。
ちょっとキャパを広がれば「猿の惑星新世紀」とか
「チャッピー」とか「悪の法則」とかいい線いってる映画は
最近の映画でも結構あるのだけれど。

ゲームクリエーターの小島秀夫監督が、インタビューの
中で「映画のベスト10とか訊かれると、どうしても十代
の頃の映画になる。最近良いのを観ていても、そんなに
心がピュアじゃないから、人生の中での順位はだいぶ
後ろに回してしまう」と語られているのを読んで、心から
「なるほど、そういうことか」と合点がいきました。

十代から二十代にかけて出会った映画に強烈な
インパクトを受けて、その後は「あんな感じの映画」を
ずっと探し続けていくのでしょう。
来年も面白い映画に出会えますように!
一年間ありがとうございました!よいお年を(*^_^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
406位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア