チャイルド44 森に消えた子供たち

連続殺人事件物ということで、シリアルキラー好きの私
としてはずっと観たいと思っていた一本。

原作はトム・ロブ・スミス
監督 ダニエル・エスピノーサ
出演 トム・ハーディ ノオミ・ラパス
製作にリドリー・スコットの名前があるアメリカ映画

舞台は1953年スターリン政権下のソ連。
ウクライナ飢饉を生き延びたレオ(トム・ハーディ)は
戦争で功績をあげ、MGB(ソ連国家保安省)の捜査官
になり、美しいライーサ(ノオミ・ラパス)と結婚する。
レオの親友アレクセイの息子の死体が、森で見つかり
アレクセイは、息子は殺されたと主張するが…

すわ犯人捜しかと色めき立ったが、どうもそういう展開
ではないらしい。
なぜなら「犯罪は資本主義の病。理想国家のソ連で連続
殺人はあり得ない」というのが、スターリンの主張であり
社会通念だから。「え”-っ!」という感じだが、そういう
わけで、犯人捜しまでにすごい紆余曲折があった。

ライーサにスパイの容疑がかかり、妻の告発を拒否した
レオは、エリート官僚の座を追われ、地方の下級官吏に
左遷された。その赴任先のヴォルスクで、少年の死体が
発見されて、レオは事件の真相を追求する決意をする。

社会の中心の軸がずれると、私たちが常識と信じている
すべてのことがおかしくなる。さらにそのおかしい状態が
普通になると、かつて普通と思われていたことが間違い
になる。保身のための裏切りや密告が当たり前という
社会は、男女の愛情や信頼の形をも変質させる。

この映画のミステリー性というか、何とも気持ちの悪い
感じは、連続殺人やその犯人像ではなく、殺人をなか
ったものとして容認するような社会のありようと、その
社会に翻弄された人間たちにあった。もしもレオが事件
の解明に動かなかったら、44人もの無残に殺された
子供たちは、すべて事故か冤罪で片づけられていた
わけで、それはそれでとてつもなく怖い。

しかしよくまあ次から次へと、理不尽な苦労を強いられる
レオやライーサに同情しながら観てしまうので、犯人が
わかっても「あっ、そう」という気分になってしまう、ある
意味珍しいミステリーではありました。
映画を作った側も犯人捜しにはさほど思い入れがなさそう
なんだけど、そのあたりいったい原作はどうなってるん
だろうとちょっと興味があります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア