日本で一番悪い奴ら

昨年封切られた時から観たかった
「日本で一番悪い奴ら」をオンデマンドで観た。

監督 白石和彌
出演 綾野剛 中村獅童 

北海道警で実際に起きた不祥事
「稲葉事件」をもとにした実話物。
警察不祥事の実話物というと、なにやら
重苦しい話という感じだが、まさかのコメディ。

諸星要一(綾野剛)は、柔道の成績を買われて
北海道警の刑事になる。純粋で正義感の強い
諸星に、先輩刑事は「成績を上げたいなら、裏
社会に飛び込んでスパイを作れ」と教え込む。

おりしも全国の警察が、銃器摘発の実績つくりに
やっきになる中、諸星は次々に拳銃を摘発。
好成績を上げるが、じきに裏社会との付き合いに
必要な資金に困り、自ら覚せい剤の密売に
手を染めていく。

白石監督は「凶悪」もすごくいい映画だったので
かなり期待度が高かったのですが、このネタを
コメディに仕上げたセンスがすごい。

ひと言でいえば「警察=ブラック企業」
成績のためなら、おとり捜査だって、違法行為だって
なんだってやる。拳銃を、関東のヤクザから仕入れて
宅急便で配達。送付先が北海道警って(笑)
国内では買取の相場が上がったので、子分に「ロシア
に買い付けに行ってこい」とか。
どこまでが事実で、どこからパロってるのかは分から
ないけど、なんか全部ありそうに見えるのがおかしい。
そして、諸星の暴走の背後には、警察の行き過ぎた
そしてもの凄く偏った成果主義があるんじゃないかと
暗に匂わせている。

この手の話は、真面目な実話ドラマにすると
何かと横やりが入りそうなんだけど
そうか、その手があったかという感じです。
ただ最近観た邦画のほとんど「そこのみにて光輝く」
「リップヴァンウィンクルの花嫁」「天空の蜂」
「怒り」そしてこの「日本で一番悪い奴ら」と
綾野剛クンが出てて「ちょっと使いまわしし過ぎだろう」と。

まあ彼がこういうキレッキレ感のある役を演じることが
できる俳優さんの一人だということは分かりますが。
でも映画自体がかなり面白かったので満足です。

余談ですが、この映画を観たあとに、佐々木譲の
「制服捜査」という本を買って読んでたら「稲葉事件」
の影響による警察官の大異動で、札幌から志茂別町
の駐在所に転勤になったお巡りさんの話でした。
これって、何かの巡り合わせ?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア